2018年12月27日

2度目のSATOブリアンにごう!

この日はタイミングよく予約を取ることのできた
SATOブリアンにごうに2度目の訪問です。
忙しかったみたいで5分前くらいに行ったら、
予約時間ぴったりにきてと言われたので店頭で
メンバーを時間ぴったりまで待ちます。
E1819687-1696-4349-B5C5-956F98368860.jpg

定時になったので入店させてもらい、前回と同じく
2階の個室に通されました。
壁には以前きた時よりサインらしきものが増えてて、
さすが食べログ1位のお店SATOブリアンって感じ!

メンバーも揃い乾杯してスタートすると定番のキムチ
カクテキと白ゴマと海苔のサラダ。
3B81E9B2-AADA-42A4-ABC5-869606064615.jpg

ビーフシチューとタン
41A1D606-C178-4C1C-AFB8-39437F6C8CC3.jpg
800227B0-33EE-4522-85AA-00AE392DA8CE.jpg

トモサンカクとサガリ、シンシン。
0DE6EBD8-69F7-4F0C-9383-F729099C92DA.jpg 
C555438A-113F-4E79-A58D-ADBC2C2973BC.jpg
41687B82-A4CC-47BC-A898-5E668357EAE8.jpg

続いてヒレに肉をすき焼き風にしていただきます!
C969AF53-36CC-442A-A5A0-55D7D5C6C6E0.jpg

焼いた肉をタレに絡めてご飯の上に黄身がつまめる
玉子と一緒にオンザライス。ご飯には濃い味で
いいんだけどこの食べ方は肉がちょっともったいないかも!(笑)
157A3D4D-E21B-46C6-A2A9-7C4047C23AB6.jpg
FD903C4E-99CC-4EE4-8930-BC71547F64F4.jpg
452036DB-98E7-4289-8C8F-B7234F373911.jpg

そしてここからが名物メニュー!料金のほとんどを
占めると思われる(笑)シャトーブリアンを使った
ブリカツサンドとブリ飯。
3B6FD768-678E-4362-BBC9-513C512D5BCC.jpg
3912A8A3-8869-4F8D-A3E9-517347AD1F79.jpg

箸休めにトマトときゅうり。
48B6AF73-0666-4058-A617-00A624BD44CC.jpg
2305DA3F-C9EB-472F-BAA2-6844E7FDF68C.jpg

そしてブリ飯!美味しくて高級なサトーブリアンを
にんにくたっぷりの濃い味のタレでいただきます。
いつもはさらにウニが乗るんですけど、行き違いが
色々あって今回は無しに。美味しい肉にウニ乗せって
個性の強いものどうしで私はどうかと思うのですが
みんなそういう映えりゃうまいみたいの好きですね。
ウニと肉の場合はウニだけで食べた方が素材の味が
生きてその方が美味しいと思うんですけどね…
こんど機会があったらタレなしで頼んでみようっと!
31BB95E8-2DBC-41B2-A0E9-E7C3F14EAD73.jpg

締めは冷麺とゴールデンパインのアイス。
6F2ECCB7-3640-41E0-AA71-FABDC631591A.jpg
5F04555D-60CE-4A8B-940A-144C08E9EFAF.jpg
SATOブリアンは予約の取れない超人気店。
食べログなんかの評価もものすごくて有名で
私の生活水準では簡単に行くことの出来ないお店です。
高ければ美味しくて当たり前ですけどサーブする
スタッフによってこんなに雰囲気って変わるんだと
思ったのと、幹事ではなく常連さんに連れてって
もらった方がいいなぁと感じました。

この日も学ばせていただきました。

SATOブリアンにごう
東京都杉並区阿佐ヶ谷南2-17-2
03-6915-1739
posted by ddr3rdmix at 17:18| 東京 ☀| Comment(0) | 焼肉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月13日

醍醐で黒毛和牛A5ステーキ食べ放題!

仲間の肉女子がこんなのみつけてくれたので予約して
行ってきました。このお店がリニューアルして業態を
変更したての時の話なのでもしかしたら現在は色々と
変更になってるかもしれませんというか、
閉店しちゃってました!いつもすみません。
D5816500-63D4-40AA-903A-C69C5DAE75D5.jpg
このお店のオーナーは人気店を経営されてる方ですし
中央部のキャッチに黒毛和牛A5ステーキ食べ放題で
しかも5800円とあったらそりゃ行きますよね!(笑)

店内は超おしゃれな作りでカウンターは鉄板も併設。
日本酒の品揃えは有名どころをきっちりと抑えてます。
空き瓶も十四代とか新政のナンバー6とか並んでます。
EAC5D423-BFC2-4036-8975-037478D2E66A.jpg
CD91EFCE-B43F-4EAB-B89D-F8A427F2F365.jpg
B4773208-AAE2-49C5-A9B2-78C84F2B45E3.jpg
AD5580C5-39EF-4308-A5D4-8FB4B3A10471.jpg

コースメニューはこんな感じ。期待で胸が膨らみます。
とりあえず飲み物で乾杯してお料理がスタートです。
BD3A1A30-CCB9-45C6-9B2D-1D01BDA0893D.jpg

まず本日のアミューズ。
和牛タルタル酢ゼリーとコンビーフクロケット。
コンビーフクロケットはカレー塩でいただきます。
C3C552E4-FF2A-4824-B6F3-03383512D4CF.jpg
2323279A-64F8-453A-915B-C2BFA9AC16B7.jpg
BFC13C50-07B9-4682-9438-2031678157B1.jpg

予約した際に話の流れで1品サービスという事になって
これをサービスしてくれました。
炒めた白菜の余熱で火を通した神戸牛サーロインを
ビーツと柚子のソースでいただきます。
B269EB25-D1FC-4792-A4E1-48EE231BB26C.jpg
7CD2EF63-81C6-480A-9172-6E16C7598D5A.jpg
0400DB17-1ED2-4BD6-827D-B6B1FF9FBA11.jpg
0263E6BD-0A7C-4325-BC71-2632BB142CD8.jpg

続いて鹿児島の黒毛和牛のハンバーグ!
こちらは香味野菜のデミソースでいただきます。
B4A4DA3B-29A7-460D-94A7-1D031B34079F.jpg
E112A7AF-6C11-4CF3-A124-AA434C539DDF.jpg

そしてこの頃からメインの黒毛和牛A5のステーキを
じっくりと時間をかけて焼きあげます。
ここは美味しく焼きあがるのを見ながら次のお料理を
いただきます。
7C80CCFA-A692-4924-84CE-BA2A8D808B54.jpg
FCA80091-DC65-4694-A021-E02B2C08FC2D.jpg

続いてしきんぼうをを6時間煮たポトフを添えられてる
マスタードクリームでいただきます。
しきんぼうは後ろ足の外腿の内側の肉です。
FE046A09-B271-425D-A4FC-B0C9B12F9EDD.jpg

そして和牛のラザニア。
96B52A00-67D1-4B8C-974A-B89D50C94EC7.jpg

いよいよメインの黒毛和牛A5のステーキきたーっ!
2E465E36-592F-4B19-B1EC-4E56DA7BA3CC.jpg
CA4A5EA0-1FBC-450E-8648-791A7AF2CFA6.jpg

遠慮なくおかわりして焼いてもらいます。
とにかく焼くのに時間がかかるのでおかわり申告は
早め早めがおススメです。
B649D356-5B87-4B39-A4F9-4B0CD1302508.jpg

制限時間もあるのでラストオーダー時はあと400g位は
食べられますと申告して焼いてもらいました。
ここは思い切って申告するハートの強さが必要です。
5DA8FE14-5930-4F3D-A618-7AC3E21AC6A6.jpg
FCDE012C-0C63-4BC1-B932-D522DC0BA40E.jpg

ラストはローストビーフとトリュフごはんと味噌汁と
デザート。
7CC62CD2-A793-47FF-8CBE-58CBD0C67559.jpg
32F973C2-9A25-4806-90EC-2EED0238A5D3.jpg
62E88280-61F3-438D-A499-2C23BD6DF6AE.jpg

トリュフは高級食材だから好きって人が多いとは
思うのですが、はっきり言ってこれだと肉に勝ってて
トリュフが肉の旨味や味を完全にスポイルしてしまい
無知でお子様舌の私にはわかりませんでした。(笑)
トリュフって本来こういう使い方をするのかしら?と
思いながらトリュフを隣の人にあげて(笑)黄身を
乗せてからいただきます。
114253A2-82EE-4296-87AF-FB85D1B19973.jpg 
7CA33BD7-09A9-4EC9-B413-13ADF4821282.jpg
55D53B38-DFAE-46FC-AAF7-37DD93A58F52.jpg

黒毛和牛A5ステーキ食べ放題というキャッチに激しく惹かれて気合いを入れて臨みましたがコース仕立てで
ペース配分がとにかくスローなのと肉を最高の状態で
美味しく食べてもらうためステーキ焼く時間がかなり
かかってしまい、食べ放題というよりはこちらの
メニューにある通り時間内にステーキのおかわりが
できるという感じでした。
8BF34B35-801C-4D23-BDA7-DB70AF3C758D.jpg

たくさん食べたい方は最初のおかわりから多めで!と
はっきり申告した方がおススメです。(笑)

銀座ステーキ A5醍醐
東京都中央区銀座8-3-1 GINZA TOKIDEN 8階
03-6264-5699
posted by ddr3rdmix at 01:43| 東京 ☁| Comment(0) | 焼肉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする